フランクフルトの交通費事情 日帰り旅行などの応用編

フランクフルトの交通費事情 日帰り旅行などの応用編

こちらの記事ではフランクフルトで使える交通費やチケットについてご紹介しました。

フランクフルト市内を廻るだけなら情報としては十分かと思いますが、フランクフルトから日帰りで色々な場所へ行きたい場合。特にフランクフルト→どこかの街→フランクフルト だけでなく、フランクフルト→どこかの街→さらにどこかの街→フランクフルト、というふうに2箇所以上巡ってフランクフルトへ戻るような日帰り旅行をされたい方は、ドイツで買えるお得なチケットについて知っておくとお得に旅行できます。

フランクフルトからこの街へ行ったらどうなるか、という具体例を出しながらシミュレーションしていきましょう。

尚、2019年3月現在での情報です。交通費や乗る電車のタイプは時期によって変更がある可能性はあります。


まず、行き先を決めましょう。

フランクフルトのローカル交通機関RMVやドイツ鉄道DBが提供しているお得なチケットは結構種類が多くて在住者の私に取っても少しややこしく感じることもあります。基本的に行き先がわかっているとそれに応じてベストなチケットが変わってきます。

こちらで紹介している『フランクフルト』は、フランクフルト中央駅や市内中心部から出発した場合の料金です。

フランクフルト→マインツ→フランクフルト というシンプルなフランクフルト近郊の街への日帰り旅行の場合。

フランクフルト→マインツの片道はSバーン(ローカル線)のS8や RE(快速列車 ) R2に乗ります。

マインツへはフランクフルト市内からはプライスレベル(Preisstufe)が5なので、大人1名で片道(Einzelfahrkarte)€8,60。単純計算で往復は17,20€ですよね。

 

from rmv.de

それが、Tageskarteという1日券利用で € 16,75。この値段もプライスレベルが5の1日券です。このチケットがあればフランクフルト→マインツ間は乗り放題になります。片道で1枚ずつ買うより若干お得ですが、1ユーロ以下程度のお得度ですよね。そんなにお得感ないでしょうか。ですが、この1日券を持っているとマインツについてから市内中心部の移動で使うバスやトラムも使えます。

 

from rmv.de

フランクフルト→マインツ→ヴィースバーデン→フランクフルトの場合、値段は変わる?

また、せっかくマインツに来たならすぐ近くの保養地、ヴィースバーデンへも行きたくないでしょうか?

 

 

View this post on Instagram

 

Wiesbadenさん(@wiesbaden.deinestadt)がシェアした投稿


マインツからヴィースバーデンは、通常だと片道2,80€。ですが、フランクフルトからヴィースバーデンもプライスレベル(Preisstufe)が5なので、フランクフルト→マインツ→ヴィースバーデン→フランクフルト、という旅程の場合でも上で紹介したTageskarteチケット(€ 16,75)たった1枚でお得に移動できます!よって値段は変わりません

 

from rmv.de

また、フランクフルト市内の交通費の種類にもあったグループ券、Gruppentageskarteもあります。1日券を二人分買ったとして€33,50。ですが、最大5人まで使えるグループ券『Gruppentageskarte (5 Personen)』は€28,90。二人以上一緒に行動する場合はすでにこちらの方が安くてお得です。

 

from rmv.de

 

グループ券利用の場合、5人までで1枚のチケットを使うので常に一緒に電車に乗らないといけないのがポイントです。例えば5人で行動したとして、帰りはそのうちの2人は早く帰りたい、けど残りの3人はまだゆっくりいたい、と意見が分かれると大変です(笑)仲良く家路に皆で確実に帰るのであればかなりお得なチケットです。

人気の日帰りスポット、フランクフルト→リューデスハイム→フランクフルトの旅程の場合

フランクフルト→リューデスハイムの片道は、通常は1時間に1本23番/24番ホーム辺りから出ているRB(Regional Bahn 快速列車 )の RB10に乗ります。

フランクフルトからリューデスハイムへはプライスレベル(Preisstufe)が6なので、大人1名で片道(Einzelfahrkarte)€ 12,35。単純計算で往復は24,70€ですよね。プライスレベル6への乗り放題である1日券Tageskarteを購入すると、€24,10。二人以上同時に行動する場合はやはりGruppentageskarteが€34,50とお得。

from rmv.de

RB10に乗ると、上で書いたWiesbadenや Eltvilleも通り道なので、1日券があれば気軽に途中下車して楽しめますね。

 

マインツ、ヴィースバーデン、リューデスハイムなどフランクフルト市内中心部からみて西側の街へ行く場合ですが、例えばフランクフルト空港からトランジットなどで直接これらの街へのみ、フランクフルト市内方面へ寄ることなく往復する場合は空港のプライスレベルから計算されるので、フランクフルト中央駅から出発するより1段階安くなります!

 

例えばフランクフルト空港→マインツはフランクフルト市内は経由せず行くと片道がなんと€4,95!1日券で€ 9,65。フランクフルト空港→リューデスハイムは片道券が€ 8,60、1日券€16,75と大幅に安くなります!トランジットの方でフランクフルトへ行かずにこれらの街へ行けば更に安くなりますよ。

1日券の良いところ

区間内がお得に乗り放題なのはもちろんですが、やはり1回チケットさえ買っておけば、終日何度もチケットを計算したり買い直したりという手間が省けて楽に移動できるというメリットが大きいですよね!区間にさえ気をつけて正しいチケットを選択さえすれば時間もお金もセーブしながら楽しく旅ができます。

さて、1日券は上記で紹介した以外でも他の種類があるのをご存知でしょうか?RMVから出ている、フランクフルトやその近郊エリアを旅行する時に知っておきたいお得なチケットについても続けてご紹介します。

ヘッセンチケットについて

ヘッセン州であれば1日乗り放題のチケットで、36€で5人まで同時使用可能のお得なチケット、ヘッセンチケット(Hessenticket)。旅行でリサーチされてて知っている方も多くいるかと思います。

ヘッセンチケットでの『1日』というのは月曜から金曜の場合午前9時から利用スタートして翌日午前5時まで有効という意味です。9時前は使えません。

土日祝日の場合は午前0時から翌日の5時まで有効。平日の場合9時以降でないと有効ではないですが、土日祝の場合はもっと早くから行動できるということですね。

ヘッセン州内のすべてのローカル交通網(Sバーン、Uバーン、トラム、バス、IC、ICEを除く)で利用できます。

このチケットを利用したい人は1人旅の方より2人以上一緒にいる場合の方がお得かと思います。1人でヘッセンチケットをお得に利用しようと思うと、1日であちこち行きまくらないと元が取れないかなと思います。

例えば、フランクフルト→ダルムシュタット→フランクフルトへ戻ってそのままリューデスハイム方面、という移動の場合はもしかしたらギリギリお得かもしれませんが、旅程自体がかなり駆け足なのであまりお得感がないかな、と在住者の私は思います。

2人以上のグループ移動の場合は、ヘッセンチケットも便利でお得ですね。ですがフランクフルト→リューデスハイム往復のみというようなプランの場合は上記で書いた通常のグループ券だけ買ってもあまり値段は変わらないですね。(若干グループ券の方が安くなる)

 

ちなみに、ヘッセンチケットはヘッセン州でのチケットですが、ドイツ全土に同じようにチケットが各州で販売されています。これらのチケットは総して『Länder-Ticket』という名称で出ています。

»Länder-Ticketの情報一覧をDBのサイトで確認

»ヘッセンチケットについてRMVのHPで詳しくチェック

ヘッセンチケットは『1日』で使うチケットですよね。ですが例えば続けていろいろな場所へ旅行する場合。ヘッセンチケットを2日続けて買うのかな、と思いますよね。ですが!もっとお得なチケットがあるのをご存知ですか?

私的にはヘッセンチケットよりかなりお得なんじゃないかと思っているこちら↓のチケット、ご参考ください。

ヘッセンチケットよりお得?!ライン・マイン・カード

フランクフルトに流れる川はご存知の通り『マイン川』。ですがケルンなどがある方向である北方面に上がっていくと、途中から『ライン川』に名前が変わります。リューデスハイムでは例えば既に『ライン川』という名前ですよね。マイン川とライン川はつながっているので、たまにこの辺りのエリアを『Rhine-Main(ラインマイン)』と呼びます。

恐らくそこから名付けられたであろうこのラインマインカード。知れば知るほどかなりお得なのではと思うんです。

こちらは、ヘッセンチケットと違い、連続した2日間RMVネットワーク内で有効のチケットとなります。

 

from www.rmv.de

RMVネットワーク内であれば、電車(長距離列車IC、ICEを除く)に加えバスやトラムなども乗り放題。

特筆すべきは、一人でこのチケットを使用した時のお得度!なんと2日間連続有効で26€という安さ

もちろん5人までのグループ券もお得。2日間連続有効で46€!

さらに、70箇所以上の場所で割引特典があるんです!もちろんこのチケットが有効区間の所で使える場所の割引です。

例えばリューデスハイムで人気の川下りなどでおなじみのKD社のクルーズも、このチケット提示で割引に!このチケットではアシャッフェンブルクとビンゲンなどは利用区間外なのですが、リューデスハイムの対岸に位置するビンゲンへ行く渡し船も割引適用。

 

 

View this post on Instagram

 

KD Deutsche Rheinschiffahrtさん(@kd.schiffstouren)がシェアした投稿

うまく使いこなせばかなりお得に旅行できると思います。

1人旅の人はヘッセンチケットを買うよりこちらを買う方が1日だけ使うとしても既にお得ですし、2日間使えるのは便利ですよね。グループの方は2日間利用することを前提として購入しておけば勿論かなりお得です!

購入は、フランクフルトやその近郊の券売場所オンラインでも可能。※オンライン購入の場合、自分で印刷して持参するようです。

フランクフルトの場合はレーマー広場や中央駅にあるツーリストインフォメーション(Tourist Information)でお求めされるとわかりやすいですね。

» ラインマインカードについてHPで詳しくチェック

レーマー広場のツーリストインフォメーション

住所:Römerberg 27 60311 Frankfurt am Main

HPで開館時間をチェック

フランクフルト中央駅のツーリストインフォメーション

住所:Am Hauptbahnhof 60329 Frankfurt am Main

HPで開館時間をチェック

 

私的にはヘッセンチケットよりポテンシャルがあるラインマインカードをお薦めしたいです。具体的な特典など、また機会があれば改めて詳しくレポートしようと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: