フランクフルトの高級住宅街にある人気カフェ

フランクフルトの高級住宅街にある人気カフェ

Hallo! ユウコフランクフルト(@yukofrankfurt)です。

前回に引き続き大好評(?)な、『フランクフルト飲食日記』シリーズではフランクフルトの人気スポットをご紹介していきます。

 

とある涼しげなというか寒いともいう7月のある日、日本人の友人が中欧旅行のためフランクフルト空港に1泊トランジットする事になり(やはり、途中で立ち寄る街フランクフルト笑)その合間にフランクフルトで会える事になったので、まずはこちらの人気のカフェへご案内!

 

今日ご紹介するのは、緑あふれる植物園の隣にあるカフェ。

 

こちらがカフェの外観。

 

Caféhaus Siesmayer(カフェハウス・ジーズマイヤー)は、フランクフルトの中でも私も大好きな癒しスポットである植物園Palmengarten(パルメンガルテン)に併設されているカフェで、営業は2004年から。ウィーンスタイルの正統派カフェがコンセプトで、伝統的なドイツのケーキやフレンチスタイルのケーキが味わえます。



 

蘭の花があちこちにある店内。サクランボのオブジェも可愛い。

 

 

植物園に隣接するカフェらしく、店内にはお花が綺麗に飾られています。天気の良い日は外のテーブルが気持ち良さそう!植物園に行った後などに利用しても良いですが、カフェ自体は植物園に入場せずとも入れるので、窓から見える緑を楽しみながらお茶するだけでもリラックスできます。

 

外のテーブル席の様子

 

ここは以前、フランスで修行された日本人女性のパティシエの方が勤めていらしたようで、ドイツにいながら日本で味わえるような繊細なフレンチケーキが味わえると在住者の間では知られていたようです。今はもう残念ながらその方はいらっしゃらないようですが、抹茶のモンブラン(Fujiという名前)などきっとその方が考案したのではないか?というような日本っぽいケーキも見つかります。

 

さて、入店するなり早速ガラスケースの中を物色(笑)

 

お祝い事に買いたい、フルーツたっぷりのタルト。

 

 

入ってすぐ左側にあるガラスケースの中のケーキの値段は、持ち帰りの値段です。私たちはイートインですが、せっかくなので実物のケーキを見ながらどれにするか悩みます。




 

こちらはプチケーキシリーズ。ドイツの定番ケーキであるどっしりチーズケーキも、Siesmayerの手にかかればこんなにお上品な雰囲気に。

 

迷った挙句、私はレモンクリームのエクレアを。あっ日中からロゼワイン飲んでいるのがバレたっ。

爽やかなレモンの酸味とクリームが合いますね〜。美味しいです!



Booking.com


友人はフランクフルトならではのケーキフランクフルター・クランツをオーダー。友人もロゼワイン飲んでますよ!私だけではないですよ!

 

 

フランクフルトが名前になっているケーキ、フランクフルター・クランツは、ふわりとした生地を覆うリッチなバタークリームとカリッカリのナッツのカラメルが特徴です。私は黒い森のケーキよりも好きなケーキです。ちなみに、フランクフルタークランツがどんな味か気になる方。日本でも味わえますよ!例えば、こことか美味しそうで値段も手軽です。日本の方が甘さ控えめで美味しかったり。

 

 

少し肌寒い日で雨も降っていたので室内のテーブルにしましたが、少しだけ外のエリアも見てみました。奥に見える建物も雰囲気出てますね。

さて、このカフェや植物園がある地域はウエストエンドという、フランクフルトでもお金持ちの方々が多く住むエリアとされています。私たちの行った時間帯も、お金と時間に余裕のある上品な雰囲気の方々がお茶やお酒を楽しまれていました。



Booking.com

シュニッツェルなどのランチも美味しいらしいので、いつかここに食べに行きたいです!

 

お店情報:Caféhaus Siesmayer(カフェハウス・ジーズマイヤー)

住所:Siesmayerstraße 59, 60323 Frankfurt am Main

営業時間:月曜〜日曜(毎日)8:00〜19:00

最寄駅:U6 / U7 Westendから徒歩7分、U4 Bockenheimer Warteから徒歩13分ほど

値段レベル: €€€€

 

 

 

error: