フランクフルトの有名なドイツレストラン5選【日本語でオンライン予約可能!】

フランクフルトの有名なドイツレストラン5選【日本語でオンライン予約可能!】
Hallo!自称食べログ人間フランクフルト支部代表&ドイツ在住ブロガーのユウコフランクフルト(@yukofrankfurt)です。

先日、こちらの記事でフランクフルトの名物について紹介しました。

今回は、フランクフルトらしい食事が食べられるドイツ料理レストラン、またみなさんが思い描いているであろう典型的なドイツ料理が味わえる、初めてフランクフルトに来たら1度は行っておきたいドイツレストランを紹介していきます。


Advertisement

フランクフルトでレストランに行く前に!知っておくべき注意点

予約はなるべくするべき

まずは、事前に知っておくべき注意点について。

フランクフルトのレストランで注意したい事は、予約について。ランチはともかく、ディナーではなるべく前もって予約するのをお勧めします。特に気をつけておきたい点はこちら。

メッセ期間中の夕食は、人気の場所だと満席になってしまうこともあります。私の記事でも紹介しているメッセ開催日をチェックして、重なっているようなら1週間以上は前もって予約しておきましょう。

金曜、土曜の夜のディナーは、場所によっては満席になる可能性もあるので予約は必須です。

クリスマス前の12月の時期はホリデーパーティ(日本でいう忘年会的な)をするために会社がレストランを貸し切りにしてしまうことがあります。かち合ってしまったら予約自体できません。候補の場所を2、3箇所決めておくのが吉。

でも、予約っていうことは電話?サイトで予約するのも日本語でないと億劫・・という方に朗報!

私も最近知ったのですが、こちらのサイトを利用すれば日本語でオンライン予約が簡単にできるので国際電話もドイツ語を調べる必要なし(!)これは便利だと思います。よかったら使ってみてください。

この記事で紹介するレストランも、日本語オンライン予約ができるので情報も合わせて載せておきますね。

場所によっては1品をシェアするのはNG

日本から来た方々を食事案内していると、たまにこう言われることがあります。

『これとこれとこれを頼んでみんなで分けよう!』

例えば2人連れで私をいれて3人の場合は、2品か3品頼んで取り皿も3つもらって中華料理屋的にシェア。
この行為は日本だったら普通ですよね。

色々試したいのは大いに分かるのです!が。ドイツでは、あまりシェアの文化がないのでレストランでこのような光景を見ます。

2人連れで、2人とも同じものをオーダーし、各自それぞれオーダーしたものを食べる・・・(笑)

マナーの記事でも少し触れていますが、自分の食べるものをそれぞれオーダーして食べるというのが一般的です。もちろんカジュアルな場所であれば何品か頼んでシェアということもあり得ますが、雰囲気の良いレストランなどではメインは1品各自それぞれでオーダーし、さりげなく味見し合いましょう(笑)。

ただし!こちらで紹介している5箇所はカジュアルな場所で、シェアはOKなはず。

観光客も多いのでお店の人もシェアをしようとするアジア人には慣れていると思います(笑)英語が通じない場合はドイツ語で店員に一言『Wir teilen (ウィア・タイレン=シェアします)』と告げましょう。取り皿をもってきてくれたらDanke(ダンケ=ありがとう)!を笑顔で忘れずに。

食事の時間配分に注意

ドイツは日本と違ってサービスのペースがかなりゆっくりです。レストランに限った話ではなく、スーパーで、郵便局で、その他の店どこでも物1個買う程度の用事で結構待つことが多いです・・私もイラチなので(笑)急いでいるときはたまに待ちきれない事も。

セルフサービスでなく、人が給仕するようなレストラン、特に夕食時はゆっくりな食事になると考えましょう。

食事とアルコールの組み合わせが切っても切れないドイツ。周りを見渡せば、ビールやアップルワインを飲みながらゆっくり食事を楽しむ人ばかりです。

夕食なら2時間は見ておきましょう。コース料理のレストランなどでは更にゆっくりです。食事の後に用事があるときは時間に余裕を持ってプランしましょう。時間がない場合はセルフサービスの店に行く方が良いかもしれません。

ドイツのレストランではチップを置く習慣あり

日本になくてドイツにある、チップ文化こちらの記事の中でも少し触れていますが、ドイツでは、英語圏のように『サービス』に対して対価を支払う考え方なので、誰かがお客さんにサービスした場合はチップが発生します。

とはいえ、アメリカのようにウェイターの収入が完全にチップに依存するほどではないのですが。

いくらチップを置くか、ですが、人それぞれで考え方はもちろん違い、気前の良い人とそうでない人で額はバラバラです。私はキリの良い端数にして多めに渡すか、パーセンテージで言えば5%〜10%の辺りでしょうか。特別良いサービスをしてもらったり、星付きレストランなどランクの高いところは10パーセントはあげますが、普段はそこまであげませんw

あくまで、チップはサービスに対しての評価と考えて良いです。ランチの時はあまりチップに神経質にならなくても良いのですが、ディナーの場では余程酷い扱いを受けない限りは、ある程度のチップを置いてあげましょう。

Advertisement

フランクフルトで行ってみるべき!典型的なドイツ料理が食べられるレストラン

さて、こちらではフランクフルトで地元の人にも観光客にもどちらにも人気の、典型的なドイツ料理が味わえるレストランを紹介します!

フランクフルトで最も知られる、郷土料理レストラン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Apfelwein Wagner(@apfelweinwagner)がシェアした投稿

各種ガイドブックにも載っている、旅行でフランクフルトへ来たら1度は行ってみるべきApfelwein Wagner(アプフェルワイン・ワーグナー)。フランクフルトの市内中心部からマイン川を越えた南側、ザクセンハウゼン地区にある歴史あるレストランです。

ドイツ料理の中でも、ここでは典型的なフランクフルト名物が食べられます。その名の通り、フランクフルトでは定番のりんご酒が有名です。こちらの記事でも紹介したリップヒェンハンドチーズももちろんあります。

ガイドブックに載っていますが、ここはフランクフルトのドイツ人たちも多く訪れる有名なお店です。いつ行ってもワイワイガヤガヤ、賑やかな雰囲気です。りんご酒が売りなので、他のワイン類などはありますがビールはないので注意。

レストラン情報

Apfelwein Wagner(アプフェルワイン・ワーグナー)/ Adolf Wagner(アドルフ・ワーグナー)
住所:Schweizer Str. 71, 60594 Frankfurt am Main

営業時間:月曜〜日曜 11:00〜24:00(毎日営業)

最寄駅:U1 2 3 8 Schweitzer Platz駅から徒歩3分

値段レベル: €€

» 日本語でApfelwein Wagnerのレストラン予約をする

ソーセージが美味しい!旧市街の居酒屋風レストラン

上で紹介したワーグナーと同じくザクセンハウゼンの旧市街エリア近くにある、石畳の道を進んで見つかるりんごのマークが目印のEbbelwoi Unser(エッベルワイ・ウンサー)。賑やかな大通りから少し外れた所にあるからか、どちらかというと地元の人に愛される居酒屋的なレストランです。こちらも売りはりんご酒

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Russo(@tommyrusso)がシェアした投稿


メニューはワーグナーのように、典型的なフランクフルトの郷土料理が並びます。フランクフルトの典型的なメニューに加え、ソーセージも健在。こんがり焼かれたソーセージは美味しくて、お酒が進みます。種類が何種類かあるので食べ比べてみたいですね。

りんご酒メインの所なので、ビールの銘柄が多くないものの、Kellerbier (濁りビール)やWeißbier(白ビール)などが試せます。

レストラン情報

Ebbelwoi Unser(エッベルワイ・ウンサー)

住所:Abtsgäßchen 8, 60594 Frankfurt am Main

営業時間:日曜〜木曜 17:00〜24:00 金、土曜 17:00〜1:00(毎日営業)

最寄駅:S3 S4 S5 Lokalbahnhof駅から徒歩6分、36番バス Affentorplatz駅から徒歩3分

値段レベル: €€

» » 日本語でEbbelwoi Unserの予約をする

アクセス良好!中庭でビアガーデン気分が味わえる老舗レストラン

最初の2つはフランクフルト・クラシックな、りんご酒がメインのレストランでした。そろそろりんご酒以外で、ドイツらしくビールを飲みたい!という方はこちらはいかがでしょうか。

Karmeliter修道院の跡地で経営されているRestaurant Klosterhof(レストラン・クロスターホフ)は、1936年から続く昔ながらのレシピで作られた数々の料理が自慢のレストランです。暖かい季節はちょっとしたビアガーデン気分が楽しめる中庭で食事が可能

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brad Stombaugh(@stombaughbe1)がシェアした投稿

ドラフトビールはオリジナルの濁りビール(Narurtrüb)や、黒ビールまで、りんご酒以外にも揃っています。フランクフルトの名物に加え、ドイツで定番のシュニッツェルはいろいろな種類がありビールに合いますよ。場所も市内中心部にあるので、観光の途中に気軽に寄れます。

レストラン情報
Restaurant Klosterhof(レストラン・クロスターホフ)
住所:Weißfrauenstraße 3, 60311 Frankfurt am Main


営業時間:月曜〜土曜 11:30〜1:00

最寄駅:U 1 2 3 4 5 8 Willy-Brandt-Platz駅から徒歩2分

値段レベル:€€

» 日本語でRestaurant Klosterhofの予約をする

いつでもオクトーバーフェスト気分に♪大手ビールメーカー経営ビアホール

ソーセージはソーセージでも、白ソーセージが食べたいのですが・・とたまにリクエストが来ることがありますが、白ソーセージはミュンヘンのあるバイエルン州でポピュラーなもので、ここフランクフルトでは白ソーセージはあまりレストランでは見かけないのです。

が!こちらの Paulaner am Dom (パウラナー・アム・ドム)では南ドイツ風の料理が味わえるので、フランクフルトに居ながらにしてミュンヘンで食べるような食事とビールが楽しめます

私が書いた中でも好評の、フランクフルト・オクトーバーフェストについての記事にも書いている、あの1リットルジョッキに入ったビールもこちらには健在。オクトーバーフェストの時期でなくても、ここへこれば大きなジョッキで乾杯出来ますよ!

店員さんもバイエルンの民族衣装を着ているので、自分が衣装を着ていなくてもムード満点。店名の通り大聖堂からすぐそばなので観光の途中に立ち寄りやすく◎。

レストラン情報
Paulaner am Dom (パウラナー・アム・ドム)
住所:Domplatz 6, 60311 Frankfurt am Main


営業時間:月曜〜日曜(毎日営業)11:00〜24:00

最寄駅:U4 5 Dom/Römer駅から徒歩3分

値段レベル:€€

» 日本語でPaulaner am Domの予約をする

店内で醸造したビールが味わえる!中心部にあるドイツレストラン

前半はフランクフルトらしいレストラン=ビールよりりんご酒メインでしたが、段々ビールの割合が増えてきましたね(笑)やはりドイツなのでどこでもビールは楽しめます。その中でも、レストランによっては店内でビールを醸造して提供する場所もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roby_7703_(@roby_7703_)がシェアした投稿

Zu den 12 Aposteln(ツー・デン・ツゥエルブ・アポステルン)という長い名前が印象的なこのお店は、お店の地下でビールを醸造。作りたてのビールとドイツ料理が楽しめます。

店内のインテリアも雰囲気があってドイツらしく、地下のエリアは薄暗いながら広々としていてグループでも入りやすいです。醸造エリアは一部席からも見れるので、ここで食事した時はチェックしてみましょう。

レストラン情報

Zu den 12 Aposteln(ツー・デン・ツゥエルブ・アポステルン)

住所:Rosenbergerstraße 1, 60313 Frankfurt am Main

営業時間:月曜〜日曜(毎日営業)11:00〜24:00

最寄駅:U4 5 6 7 / S1 2 3 4 5 6 8 9 Konstablerwache駅から徒歩6分

値段レベル:€€

» 日本語でZu den 12 Apostelnの予約をする

Advertisement

在住者の私がおすすめする、とっておきのレストラン

これらの紹介したレストランは、フランクフルトで有名な所ばかりです。名が知られているため、観光客で賑わってはいるのですが地元のドイツ人も来ていますし、初めてフランクフルトに来たのでとりあえず定番のドイツ料理を食べたい!という方にはぴったりな5箇所だと思います。

フランクフルトに住んでかれこれ7年以上、食べ歩きが趣味な私はそれはもう色んな場所で食べ尽くしました私自身が美味しいと思った場所や、地元のドイツ人に聞いたとっておきな場所、ドイツ料理といっても塩辛く脂っこくない美味しいものもたくさんあります。

私の得意分野はローカルのみで賑わうちょっと穴場なところですが、それらのとっておき情報リストはこちらで限定公開しています。『典型的な所は行ったから今度はもうちょっと違う所を開拓したい』『観光客が全くいない現地の人に評判の場所に行ってみたい』と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

また、ご希望に合わせて最適なレストランを提案&紹介し、予約代行まで一括でお手伝いするサービスもこちらでさせて頂いております。

私のフランクフルト個人ツアーを申し込んでいただいた方とは、私のとっておきのおすすめのお店へご案内&同行もさせて頂いております。間違いなく、これまでお連れした皆様全員が『美味しい!』を連発してくれているので案内しがいがあります(笑)noteの情報だけでなく、直接ご案内するアテンドに興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

error: