新型コロナウイルス(新型肺炎)に関して、ドイツでの現状やニュース、感染者数の最新情報を在住者が随時更新しています。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

Hallo!ドイツ在住ブロガー、ユウコフランクフルト(@yukofrankfurt)です。

コロナが収束するまで当分日本へ帰国するつもりはなかったのですが、どうしても日本に帰らなければいけない理由ができてコロナ禍の中、ドイツから日本に帰国することになりました。

まさか自分がコロナの真っ只中に長時間フライトに乗るとは思っていなかったのですが、無事どうにか日本にたどり着き入国できました。

今回の記事ではコロナ禍で日本へ帰国したフライトでの様子を紹介したいと思います。

あくまで私個人の体験・個人の感想ではありますが、今後なんらかの理由で日本へ帰るという方にとって参考になるかもしれません。

Advertisement

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

絶賛コロナ禍の中、日本へ一時帰国すると決めてから、1ヶ月以内で帰国しました。

もともと当分は帰国予定ではなかったところに、比較的急に帰国が決まったのであわててコロナ検査をしたり、短期間で帰国準備をしたりと日本帰国前は直前までバタバタしていました。

コロナ検査結果の陰性証明を出すところでスムーズにいかず大騒ぎをしたことも、今だから笑い話・・・

私が乗ったフライトは、タイトルにもあるようにKLMオランダ航空で、

・ドイツ・フランクフルト空港→オランダ・アムステルダム空港 (KL1766)

・アムステルダム空港→関西空港 (KL867)

のフライトでした。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

私の2週間の自主隔離先は関西の予定でした。なので、関西エリアにいる必要がありました。

いつもだったら筆者はよくANA便でフランクフルト→羽田→伊丹空港のルート、もしくはルフトハンザのフランクフルト→関空のルートを利用しているのですが、コロナ禍の今、日本国内では海外からの入国者の乗り換えができません。

かといって羽田や成田だとそこから関西方面へ移動するとコストや時間がかかる。

なので、せめて関西空港着で・・・と探すとKLMが選択肢として出てきました。

日本帰国のフライトを取ってからは日々情報収集、準備、コロナ関係の書類を揃えたりと大変でしたが、1番恐れていたコロナ感染にもならず、無事帰国できました。

日本帰国の様子もツイッターなどで報告してもよかったのですが、帰国している最中の様子を実況中継的にツイートするのはなんか違うな・・・と思っていたので、落ち着いてからブログに書こうと思っていました。

なので、少し事後報告というか備忘録的なところもありますが、今後日本へ帰国する、私と同じ関西方面へ帰る、という方の参考になればと思います。

今回の記事は日本へ帰るときに自分の日記的な記録としてメモをしていた内容から書いているので、私的な表現だったり個人的な感想も入っています。

なお、文中でも少し触れていますが筆者が帰国したのは今より前の時期で具体的には3月終わり頃です。

なので、最近のフライトと少し違うところもあるかもしれません。最新情報は各自で再確認しつつ参考程度に読んでいただければと思います。

フランクフルト→アムステルダム(乗り換え) KL1766

フライト情報

KL1766 フランクフルト空港 (FRA) 11:50発→アムステルダム空港 (AMS) 13:10着

(※当時のフライトスケジュールなので、同じ便名でも発着時刻が変更している場合あり)

Sバーンでフランクフルト空港へ

その頃はドイツもまだワクチン接種が広く行き渡ってなかったので自粛ムード。

そんな中、Sバーンにスーツケース持って入ったところ、バケーションと思われたのか若干視線を感じました笑

アジア人 + デカイスーツケース=観光客?何してるの?みたいな感じでしょうか。

フランクフルト空港の様子

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

【9:40頃 空港到着】

2019・2020年の年末年始のスイス小旅行で利用して以来のフランクフルト空港へ到着。

久しぶりのフランクフルト空港は、空いてるかと思ったけど結構混んでてびっくり。

少し前の時期、チェックしていたSNSでは空いてるフランクフルト空港の写真を見かけていたし、混んでいるイメージが全くなかったからかなり驚きました。

タイミング的にイースターだったから?皆どこへ行くの笑?(→私もそう思われているはず笑)

しかも、やむを得ない理由というよりどこかへお出かけ感満載な、楽しそうなバケーションモードの友人同士(2人組〜大きくて8人ぐらいの友人グループ)も見かけました。

雰囲気からして確実に楽しく旅行かと。

(※当時は3月下旬でドイツはまだまだ不要不急の出国はしないでという雰囲気でした)

このタイミングでも、ドイツは出国は許していましたからね・・(そのおかげで私も出国できるんだけど)

空港にいる人たちからは、自由で開放的な雰囲気を感じました笑

【10:15頃 空港のカウンターへ】

KLMのカウンターは2つのみ稼働中で、行ったタイミングのせいか結構な列ができていました。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

ちなみに、あれだけ大騒ぎした陰性証明書ですが、スタッフはチラッと見て(陰性の文字「negative」のみ確認する感じ)OKでした(笑

フランクフルト→アムステルダムのフライトでヨーロッパ内の移動だからそこまで厳しくなかったのかな?

日本に入る時はもっと厳しくチェックするのでしょう。

フランクフルト空港では、確かに店はすべて開いておらず、一部の店だけが開いていました。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

ただし、空港自体はがらんとしているわけではなく、通路によっては人がたくさんいてにぎやかな感じで、店が閉まっている以外は活気があるいつものフランクフルト空港に近かったです。

ゲートのほうに向かうタイミングで、自宅からつけていたマスクを捨てて新しいマスクを装着!

【ゲート→手荷物検査場へ】

カウンターの様子から、フランクフルト→アムステルダム行きの機内は混んでいるであろうと判断。

そこで、機内が混んでいたら実行しようと決めていた二重マスクに挑戦。

さっき付け替えたマスクの中に、さらにもう1枚新しいマスクを入れて付け直します。

マスクを2つとも耳にかけたら痛いから、いったん2つのマスクをつけて形を整えた後中のマスクは耳の部分は外して外側のマスクだけ耳にかけておきました◎

マスクは4時間ごとに取り替えた方が良いらしいので、この後も何回か変える予定。

使ったマスクは以前母がおすすめということで日本から送ってくれていたマスク

このマスクを外側に、内側は不織布のマスクをしていました。

マスク2重は息がしにくいかと思いきや、結構大丈夫でした。FFP2マスクを1枚つける方が息苦しいかも、です。

手荷物検査では、混んでいるかと思いきや結構スムーズに行きました。

手荷物を入れるトレーが置かれている場所が青い光で照らされていました。UV消毒なのかな?

アムステルダム行きのKLM機内の様子

【10:25 搭乗】

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談
フランクフルトからアムステルダム行きの機内の様子

いつも20-30分ぐらいかかって搭乗するイメージなので、ボーディング・タイムより10分ほど後位に行ったらゲートが結構空いてて、搭乗がほぼ済んだ状態でした。

ヨーロッパ内の移動のフライトなので、アジア人は私ぐらいで他は皆ドイツ人やオランダ人などのヨーロッパ系の人でした。

席の変更はできない状態で満席かと思ったけど、いくつかの席はブロックされていたみたいで幸いにも私の隣の席と前の席は誰も座っていなかった。(斜め前には他の乗客がいた)

ただし私の真後ろの席は2人組が座っていたし、通路を挟んだ向かい側にも2人組。

しかもバケーションモード&ビール持ち込んで飲みながらマシンガントークしているドイツ人のおばちゃん2人組(笑)がいたり。(ビール飲みながら、なのでマスク外れてましたよもちろん・・ため息)

という感じで、アムステルダム行きの機内はかなりガヤガヤと賑わっていました。つまり、みんな密の中でおしゃべり状態。

・・・これでコロナになっては困る!

自分の席に着いた瞬間、上の小型扇風機を作動させて気休め的に空気の循環開始。

この間まではトランスファーでもオランダに入国する人全員、搭乗4時間前に抗原検査を受けて陰性かどうか確認していたらしいけど、私がフライトに乗った3月終わり頃時点では乗り換えの人はPCR検査だけでOKになったからちょっと緩くなったし心配に。

この検査がネックでめんどくさいと言う意見も聞いていたけど、私的には4時間前の検査も加えて厳しくしてくれたほうが安心できたのですが。

【11:50 離陸】

離陸の準備が始まった瞬間全ての座席の空気循環器が勢いよく作動してほっとする。

ちょっと肌寒い位空気を循環させてくれている方が安心。

飛行機の中ではおとなしく待ちながら、とにかくここで変なウィルスにかからないで一刻も早くアムステルダム空港に着いてこの飛行機から解放されることだけを祈っていました。

【12:10 軽食と飲み物サービス】

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

軽食と飲み物が配られる。

オランダっぽいかわいいデザインの紙の箱の中にはパウンドケーキのようなものとミントが入っていた。

後は除菌シートも入れてくれていたので手をしっかり消毒。

飲み物は何も飲む気になれないので、水にしました。

やっぱりこのタイミングでみんな食べながらおしゃべりするから部活男子並みに急いでケーキを食べ、水を飲んですぐにマスクをしました(笑

【12:47 予定より早めに着陸】

1.5時間後は日本行きのフライトです。

この後は何があっても後戻りはできないと覚悟を決めました。

【13:00 アムステルダム空港内に到着】

経由地・アムステルダム空港

アムステルダム空港で日本行きのフライトに乗り継ぎ

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

【13:35 ゲート移動】

エスカレーターがほとんど動いてなくてかなり歩く(笑

アムステルダムの空港は、フランクフルトよりもっと賑やかな感じでした。

フランクフルトの空港もヨーロッパのハブ空港なのにこっちの方がもっと賑わっている!

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

アムステルダム空港では、フランクフルトとちがって店やレストランが結構開いていました。

ちなみにフランクフルト空港のベンチでは、隣同士で座れないように注意書きがあったりテープが貼ってあったのに、アムステルダム空港にあるベンチは隣同士で普通に座れる仕様でした。自由・・・

【13:50 出国手続き→出発ゲートへ】

出国時の税関で並んでる時も1.5メートルのソーシャルディスタンスを守ってない感じで、結構ゆるかったです。

後ろのお兄さんがあまりに私に近かったので、もう少し離れていただけませんかと思わず英語で言ってしまいました笑

出発ゲート手前の待合スペースでは、フランクフルト空港ではなかなか見つからないUSB充電スポットがたくさん設置されていて便利そうでした。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

私もちょっとだけと携帯を充電。

あっという間に搭乗時間になったので急いでゲートへ。

アムステルダム→関空 KL867

フライト情報

KL867 フランクフルト空港 (FRA) 14:35発→関西国際空港 (KIX) 翌朝9:35着

(※当時のフライトスケジュールなので、同じ便名でも発着時刻が変更している場合あり)

関空行きのKLM機内の様子

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

【14:00 機内到着】

機内に入って思ったことが・・・

意外に空いてはいない

一応席は3席ずつで、自分以外は他の2席には誰もいない状態だったので、憧れの3席独り占めでフラットシートできそうな状態でした。

けれども、まあまあ近い場所に人がいて決して『ガラガラの機内』ではない!

正直、もう少し人が少ないと思っていたのですが、想像と現実はちがったわけです。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談
こんな感じでまあまあ人が座っている日本行きの機内

その時はかろうじて私の前後の列は誰もいなかったのですが、その前や後ろには人がいたのでソーシャルディスタンス的には普通という感じです。

近くにはいないけど、そこまで遠くお互いが離れている状態ではない。

ちなみに、この時期は日本に帰る日本人が多いかと思ったんですが、外国人率がかなり高かったです。機内の乗客半分は外国人だったのでは?ぐらいでした。

当時(3月下旬)は日本人の配偶者であっても日本入国が難しい時期と聞いていたのですが、どういう枠でいるのか謎な外国人の乗客が多かったです。日本人の家族と一緒というパターンでもなく、外国人だけのグループなどが結構いました。

私は機内の右側の3席の窓側で左2つ分の席に座る人はいなかったのですが、通路挟んだ真ん中の3席とその向こうの機内左側3席にガタイがでかいムキムキの謎の外国人のおじさんばかり、計10人ぐらいの集団が座ってて驚きました笑

彼らも基本3席に1人か3席に知り合い同士2人ぐらいで座ってましたが、通路挟んで近いので、かなりの頻度で互いににぎやかに会話していたり・・

今思ったんですが、もしかしたらオリンピック関連の人だったのかな、と。雰囲気が格闘家っぽい感じの人たちでした。ユニフォームのようなものは着ていませんでしたが。

ただ、当時は3月終わりだったのでオリンピックのためと言ってもかなり早い「現地入り」だなぁ、と。

そんなわけで、私的にはまあまあ混んでると感じていた機内だったのですが、離陸前にキャプテンが機内放送。

キャプテン「この機内は空いてます。シートベルトサインが消えたら移動しても良いです」

そこまで空いてないから、近くには移動して欲しくないなぁ・・と思っていたら、なんとおもむろに例のムキムキおじさんグループのうちの1人がなぜか私のすぐ後ろの列の席に移動してきてびっくり!笑

近い!近すぎる〜泣。なぜ、真後ろに・・・他にも席あるのに〜。

真ん中と左の席周辺に固まって座っているのに、なぜわざわざグループから離れて赤の他人の真後ろに来ようとするのかな?笑

さすがに真後ろに来られると距離が近すぎる。おじさん、でっかいし肺活量すごそうだしコロナ的にきつい笑

さすがに11時間この状態は辛すぎる。

一気に不安になって、思わず「あなたがいたところも空いてたし、他にも席たくさんあるからお願いだから少し距離取ってくれません?」と英語で懇願してしまいました・・・笑

※長年の海外生活で言いたいことを結構我慢せずに言ってしまうタイプになりました。というか、コロナ感染の可能性をできるだけ減らしたいのでこっちも気にせず必死でした・・

そしたらおじさんは元いたところに戻って行ってくれて(元に戻れとは言っておらず、別の所へ行ってくれて良かったんだけど・・・)意外に優しい人だったのですが、ホント機内は思ったより空いてはいませんでした。

飛行機は離陸し、いよいよ本格的に「我慢大会」の開始です

【15:00頃 機内食が配られる】

コロナの影響で機内サービスは最低限&機内食はかなり簡素になったと言うのは聞いていましたが、確かに簡素。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談
赤ワインでアルコール消毒(違

メニューはマカロニにチーズとトマトソースがかかったパスタ、めちゃ甘中東風サラダ、激甘謎のデザート。

パスタとサラダは何とか完食、デザートは3口目でギブアップ。

コロナの影響で最初からパックされた食べ物だけが配られていました。

食事の後、ミセラーウォーターで顔を拭く。

ガルニエのミセラーウォーターは機内でも便利

いつもならトイレにもこまめに行きますが、トイレは最低限の回数行くようにしました。

dmで買っていたガルニエのミセラーウォーターのトラベル用を使用。

トイレで洗顔するわけにもいかないので、こういう時もミセラーウォーターは便利です。

拭いた後スッキリして肌もツッパリ無くて良い感じ。

無香料なので、私的には女性に限らず男性にもミセラーウォーターをおすすめしたいです。機内で簡単に洗顔代わりに使えるので便利ですよ。

顔を拭いた後はマスク取り替え。

ちなみに、トイレに行く時はドアノブを除菌スプレーなどで除菌して、ペーパータオル越しに触れる、便座やシンク周りはもちろんトイレ内の空間すべてに除菌スプレーを吹きかけまくって使っていました笑

除菌スプレーと除菌シート、マスクはたくさん準備して持って行っていました。

【15:50 日本への入国関連の書類が配られる】

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

ここでムキムキおじさんたちが一層賑やかに笑

書類の書き方とかを互いに教え合っているみたい。日本人の乗客はみんな静かなんですが・・・汗

あまりにガヤガヤしているので、思わず少し離れた席へ一時的に避難してみる笑

【20:00(日本時間4:00)仮眠を取る】

一時的に避難した席は静かではあったんだけど、周りの人が起きている派?の人が多くてライトを使っていたり明るくて眠りにくいので、自分の席に戻ってみると静かになっていたのでここぞとばかりに睡眠を取る。

【00:00(日本時間8:00)機内食が配られる】

何度か起きつつ、この機内の状態にしてはかなり寝れました。

起き上がったらいつの間にか到着1時間前!

朝食が配られていたのでいただきます。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談

朝ごはんのメニューはいちごヨーグルト(おいしかった)、カットフルーツ、ベジタリアン・エンパナダ(温かい)。

朝ごはんはその前の食事より良い感じでした。

このまま飛行機が順調に関空へ着陸態勢に入るかな・・というタイミングで、なんと例のムキムキおじさんグループの一員(最初に来ようとした人と別の人笑)が私の前の列にいきなり移動w しかもマスクなし!

この時期すでに変異種がニュースで取り上げられていた時期でした。

なぜ、他人の至近距離にわざわざ移動してきて、挙句マスク無しになれるんだろう。

この感覚まじで理解できません・・・(怒)せめて他の人から離れた席に移動してマスクを外すとかならまだ分かるんですけど。

どうしても私の近くに座りたかったのか(笑)、窓側に座って日本の上空を見たかったのかよくわかりませんが(左の窓側エリアには彼と同じグループの人がいたので彼らの方に行けば良いのに・・・)

CAも周りにいないので仕方なく代わりに注意。マスクしてください、とだけ言ってマスクをしてもらったものの。

自分の近くに誰かがいるのが気になってしまったのと、飛行機が着陸してからまた色々とストレスになるのは避けたく、入国時はこの人たちより離れて先に進みたいと思ったので荷物をまとめてシートベルトサインが着く前に前の方の座席に移動して、着陸までそこにいました笑

【日本時間9:00 着陸!】

一部の人の動きが気になったフライトでしたが、予定より少し早く関空に到着。

この後は日本入国という重大イベントが待ち構えています。

いつも長く感じるドイツからのフライトですが、今回はより長く感じました。

日本に着いてからの検疫・入国の様子などについても引き続き紹介しようと思います。

【コロナ禍の帰国】フランクフルト→アムステルダム→関空のKLMフライト体験談 さいごに

今回は、フランクフルト→アムステルダム→関空のスケジュールでコロナ禍のフライトに乗った時の体験談を紹介しました。

いつも愛用しているエアラインではないのに加えて、乗り換えでの長時間フライト、さらに海外でありがちな周囲に配慮なしの乗客の態度はコロナ禍ではストレスに感じる場面もあり、正直居心地の良いフライトではありませんでした。

とにかくコロナ感染だけは避けて無事日本に入国したい、それだけを考えてフライトに乗っていました。

コロナ禍で帰国する海外在住者は批判されることもありますが、日本へ帰ろうという方は、私のようにコロナ感染のリスクをさらしてでも帰らないといけないよっぽどの理由がある人がほとんどなのでは、と思います。

個人的な体験ではありますが、日本に帰国予定の人にとってイメージがわいたり、参考になれば。

今後なんらかの理由で日本行きのフライトに乗る方は、コロナ感染にだけは気をつけて無事日本に帰ることができますように。

海外在住者コラムカテゴリの最新記事

error: ブログの記事や内容は保護されています。コピー禁止! My blog contents are protected.