ドイツで定番のおつまみ & 〆のもの【前編】:ビールのおつまみ編

ドイツで定番のおつまみ & 〆のもの【前編】:ビールのおつまみ編

Hallo! ユウコフランクフルト(@yukofrankfurt)です。

呑むのが大好きな読者の皆様、お待たせいたしました。待望の記事を放ちますよ。



 

ドイツといえばビール王国、そしてワイン王国、アルコール大好きな方もそうでない方も飲む機会は十分にある国ですよね。日本では飲む時はおつまみ、欠かせないですよね? 私も日本酒とおつまみ大好きですよー

 

ドイツ人って飲む時に何かつまむの?飲む時ならではの物は?日本人だと〆締めは断然ラーメン!ドイツ人のシメは?二日酔いになったら何か食べたり飲んだりするの?こんな疑問にお答えします!

 

ビールのお供に合うのは定番のコレ!その1

 

ドイツ人=ビール大好き ってイメージありませんか?本当にそうなのか気になりますよね?

 

はい!ドイツ人はビール大大大好きですよ!!笑

 

そんなビール王国の国民であるドイツ人、夕食にビールどころかランチの時間からビールしちゃう人もいたりしますが、例えば仕事帰りのファイヤーアーベント(Feierabend)に飲んだ時などちゃんとした食事でなくつまみ程度のものはどんな物があるのでしょう?

 

 

答えばこちらです!

 

 

 

 

はい、ポメス(Pommes)ことフライドポテトですねー。カロリーは絶対計算してはいけないこのお品、ジャーマンポテトなど有名なポテト王国(なんでも王国になっちゃう!)なドイツのポテト。マジで美味しくてビールに合うんですよ!!

 

近隣国のオランダもフライドポテトで有名ですが、ドイツから来るとオランダの冷凍ポテトを揚げただけのフライドポテトはイマイチな印象。そのくらい侮れない美味しさのあるポメスです。

 

だいたいが赤いパプリカの粉がかかり(でも辛くないですよ)、お好みでケチャップやマヨネーズを添えていただきます。カロリーの気になる方にはすすめられないけど日本で食べられる物とは全然違うと思うので、ぜひビールを注文したらおつまみに『ポメス・ビッテ!』と言いましょう♩

 



Booking.com

ビールのお供に合うのは定番のコレ!その2

 

ドイツ=ソーセージ ってイメージありませんか?ドイツ人って本当にソーセージ大好きなのか、気になりますよね?

 

はい!こちらも裏切らない。ドイツ人はソーセージ大好きですよ!!笑

ほんと、典型的すぎて笑ってしまう。

 

私の個人的な感想としては、ソーセージたるものはレストランで優雅に食べるものではない、と思うのです。

 

このように豪快に炭火で焼かれたソーセージを熱々のまま頬張って香ばしさに悶絶すべきものなのである!

 

 

フランクフルトに限らず、ドイツの町並みを歩いていてこのような屋台に遭遇したら、こんがり炭火で焼かれた焼きソーセージ(Bratwurst)を注文しましょう。

 

定番は、ドイツパンに焼きソーセージを挟んだもの。これにケチャップやマスタードをセルフで載せていただきます。

 

クリスマスマーケットの時期にも焼きソーセージの屋台が沢山見られます。

 

ソーセージと言えば、こちらも忘れてならない一品、カリーヴルスト(Currywurst)

正直、焼きソーセージを輪切りにして、そこにケチャップとカレー粉をたっぷりかけただけなのですが、 もともとはベルリン発祥と言われるこちらもドイツ人に人気のおつまみ。パンかポメス、もしくはお店によっては両方ついてきます。

こちらは、フランクフルトで人気のソーセージチェーン店、Best Worscht In Townのもの。

 

 

フライドオニオンがたっぷりかかっていて分かりにくいですが、緑のボトルのスプライトの左に鎮座しているのがカリーヴルスト。味が濃いのでビールに合うようにできています。ビールと一緒の画像ではなくてすみません。

でも、ちょっと量多いですよね?

おつまみというか、普通に食事の量で、おつまみ感がないですね。笑 むりやりおつまみカテゴリーに入れてみました

ビールには本当に合いますよ!

 

 

では、もっとおつまみっぽいものを。

こちらはきっとあまり日本では知られていない変わったビールのおつまみ。

 

 

View this post on Instagram

 

June d’Arville | Food Bloggerさん(@june.d.arville)がシェアした投稿

 

ん、プレッツェル… でなくてプレッツェルの隣にいらっしゃる方です。その名はオバツダ(Obatzda)

これは一言で言うならば、チーズディップや、チーズペースト。

もともとはバイエルン州のものですが、ドイツのスーパーでも広く売られていて、ここフランクフルトでも手に入ります。

 

激安スーパー、Pennyにて安売りされていたのを発見!

 

カマンベールチーズをベースに、バター、クリームチーズ、パプリカパウダー、刻んだ玉ねぎなどを練り合わせて作られたもの。

ドイツ人は、上記の写真のごとく、パン状のプレッツェルにつけたり小さいパリパリ状のプレッツェルにつけて食べています。

ドイツで食べると、あら不思議。ビールに合って美味しい!!

 

このオバツダ。実は、自宅で簡単に作れちゃう! 作った事ないけど。

日本語でもチラホラレシピはありますが、ここのバイエルン州のレシピが王道ではないでしょうか。

英語ですが、興味がある方はお試しあれ。私も機会があればここのレシピを日本語版にして紹介しますね。

ちなみに、バイエルン&ビールといえばオクトーバーフェストですよね。実は、ここフランクフルトでもオクトーバーフェストやっているんですよ。

フランクフルトのオクトーバーフェストについては、こちらで詳しく紹介していますので、興味がある方はぜひチェック!

 

在住者が紹介!フランクフルトのオクトーバーフェスト

 

あ、典型的すぎて敢えてスルーしてオバツダの方を語ってしまっていましたが、

プレッツェル自体もドイツ人にとってはビールと一緒に食べるもの、ですよ!

ぜひプレッツェルとオバツダを注文して飲んでみましょう。

 

小さくパリパリとしたスナックタイプのものも、大きい柔らかなパン状のももの、どちらも人気!

 

長くなってきたので、後編に続く♩

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: